前へ
次へ

債務整理を弁護士に依頼するといいことがある

ちょっとした軽い気持で借金をしてしまった。
その後新たに借り入れを申し込めば貸してくれ、築いたら借金が数百万円になってしまい困っている人はいるのではないでしょうか。
そして返済ができなくなり、業者からの電話が来て、不安な気持ちで連日過ごしている。
そんな状態の人は、債務整理したいと弁護士に相談することがおすすめです。
先生に正式に受任してもらうと、業者に対して介入通知を送ります。
介入通知送ると、業者は債務者に対して直接取り立てができなくなるというすごい効果が。
万が一介入通知を受け取った後に業者が本人に直接「貸した金を返して」と言った場合、貸金業規制法第21条により、懲役や罰金に処されることもあるのでほぼ確実に連絡は来なくなるでしょう。
なおこういったことがあるので、すぐに、業者に対して受任通知を出してくれる先生がおすすめです。
弁護士と業者との間で話がまとまるまで、返済はストップ状態に。
過払い金があるのかも、先生がチェックしてくれるはずです。
先生が確認し過払い金があるとなれば、債務の返済に回すこともできます。
面倒くさいことは先生がかわりに行ってくれるので、依頼者はあれこれ考える必要はありません。
信頼を糧に弁護士先生は、正しい法的知識をもとに債務整理の話を業者と行い、満足が行く結果を勝ち取ってくれるでしょう。

Page Top