前へ
次へ

債務整理それぞれのメリット・デメリット

任意整理・民事再生・自己破産の3つと、過払い金請求が債務整理となっていますが、それぞれのメリット・デメリットを理解して活用することが望ましいでしょう。
任意整理のメリットとしては、返済する金額が割安となることです。
利息制限法では金利の上限を15パーセントから20パーセントと定めているため、それ以上の利息で返済を迫っても、法律上無効となる可能性がとても高いといわれています。
任意整理を行うことによって、法律上無効な利息を返済せず、借りたお金だけを返すことができるところでしょう。
また、自己破産や個人再生よりも手続きが簡単で、官報に載りません。
デメリットとしては信用情報機関に情報が登録されるため、5年間ブラックリストに載ることです。
個人民事再生のメリットとしては、裁判所の許可を得て返済金額を少なくすることができるのが、一番のメリットといえるでしょう。
原則5分の1から10分の1くらいまでの返済金額に下げることができるため、とても返済しやすくなります。
自己破産とは違い、所有している土地家屋などを売る必要もありません。
ただし10年ほどブラックリストと官報に載ることがデメリットです。

生産性向上の設備を導入
オーテックメカニカルの製品が生産性向上に貢献

精密加工を自動化する装置の設計ならオーテックメカニカル

自己破産とは、裁判所で債務を支払うことができないと認めてもらうことを指します。
一定以上の資産を売却することによって債権者への返済の一部となし、ある程度の資産を手元に残して活用できることです。
デメリットとしては10年程度ブラックリストと、官報に個人情報が掲載されることといわれています。
また、免責決定を受けるまで、一部の職業に携わることができなくなるため、注意してください。
債務整理のひとつとして考える人も増えてきた過払い金請求とは、完済をした人でもある一定の年数が経過していない限り、請求できる制度です。
消費者金融やクレジットカードを利用した経験者が、借りていたお金を完済した後、あるいは完済している途中に、利息として支払った過払い金を返してほしいと弁護士を通じて話し合いを行うことです。
的確に話し合うことによって、トラブルなく返済が可能といわれています。

Page Top