前へ
次へ

債務整理を実行する際のデメリット

債務整理を行なうと、ブラックリスト入りすることを耳にしたことがある人は多いでしょう。
その一方で、具体的にブラックリストといった名簿が存在しているわけではありません。
債務整理を行ったことが信用情報へと事故情報という形でエントリーされることをブラックリスト入りするといいます。
消費者金融、あるいは銀行やカード会社は審査時に信用情報をチェックします。
事故情報がエントリーされていれば、確実に審査にもパスしづらくなります。
多くの場合、審査落ちになるでしょう。
ブラックリスト入りの期間は、基本的に5年といえます。
しかしながら、銀行などを相手方に自己破産や個人再生したケースでは、10年エントリーされるケースがあります。
銀行が参加している信用情報機関が、自己破産や個人再生の情報のエントリー期間を10年と捉えているためです。
ちなみに、債務整理を実施する前に、返済が数か月遅れた人は、もうすでにブラックリストエントリーされている確率が高いです。

Page Top